東京住建の口コミや住建についての情報も公開しています。

段取り

住宅購入流れを抑えておきましょう。

  • 1, 情報収集
  • 希望エリアにはどのような物件があって、価格はいくらほどなのかざっくり相場を把握することから始めてみましょう。
    条件を大枠から探していき、少しずつ気になる物件を狭めていくのもいいと思います。

  • 2, 物件見学
  • もっと詳しく知りたいと思える物件が見つかったのであれば、資料を取り寄せ物件の見学をするために問い合わせをしてみてください。
    複数の物件を見学すれば、こだわりポイントや自分なりの相場観も見えてくると思います。

  • 3, 絞込
  • たくさん情報を集めて、見学を繰り返していく中で「ここだ」と思える物件がいくつか絞り込めたら、優先順位を整理して自分が納得できる物件を選びましょう。

  • 4,事前審査
  • 購入の意志が固まれば、申し込みと同時に住宅ローンの事前審査を受けるのが普通です。実際にローンを組むことができるのか、いくら借りることができるのか事前審査が行われます。これに通らないと契約に進むことが出来ないので無理のない資金計画で臨みましょう。

  • 5, 重要事項説明と契約書確認
  • 契約前には、売買する物件や契約内容についてしっかりと確認しましょう。契約前に重要事項説明書や契約書のコピーを貰ってしっかり読み込んでから契約日を迎えましょう。

  • 6, 契約
  • 正式に契約です。不明点や疑問点はこの時点でしっかり理解・納得できるまで確認しましょう。契約後に買い手側の都合で解約する場合、手付金は放棄することになり、場合によっては違約金を払うことになるので注意しましょう。

  • 7, ローン契約
  • 売買契約が成立したら、住宅ローンの申し込みを正式に行います。
    承認されれば金融機関と正式なローン契約を結ぶことになります。

  • 8, 内覧チェック
  • 建物の完成前に契約を行う新築物件の場合、物件の引渡し前に完成した建物の状態をチェックする事前内覧会が行われます。ここで、契約と異なる部分がないかチェックし、気になる所があれば、引き渡しまでに解決してもらうよう依頼しましょう。

  • 9, 残金決済
  • 残金決済とは購入価格から手付金を引いた金額を全て支払うことです。住宅ローンの借入金は金融機関から直接不動産会社の口座に振り込んでもらうことも可能です。残金の支払いが確認されれば、物件の引き渡しになります。

  • 10,引き渡し・入居
  •   住宅ローンの決済が終わればマイホームの引き渡し、入居になります。引き渡しで住まいの鍵の受け取りや、不動産の所有権移転登記が行われます。入居の翌年には確定申告で住宅ローンの控除申請があるので忘れないようご注意下さい。

    素敵な住宅と出会えるまでの過程になりますので、気になったことはどんどん確認しましょう。