東京住建の口コミや住建についての情報も公開しています。

マイホーム購入

マイホームを購入するにあたって簡単な流れと購入する際のポイントを紹介致します。

◎購入時期

たいてい、家はローンを組んで購入することになるのでその後は何年もローンの返済義務を負うことになります。
タイミングとしては家を買う目的が明確でないと失敗する恐れがあります。十分な貯蓄がなく、将来図もうっすらとしか見えてない状況でマイホームを購入すると後悔する可能性が高いです。
時期は子供が小学校に入学する前までというのが多くありますが、それよりも自分のこれからもローンを支払っていけるかどうかというところに着目して見て下さい。

◎購入費用

物件価格には購入時にかかるお金と購入後にかかるお金の二種類があります。
購入時にかかるお金は、頭金・住宅購入にかかる諸費用で購入後にかかるお金は住宅ローン返済と住まいの維持・管理費用がかかります。
一般的な3LDK~4LDKの住宅の場合、購入費用の目明し日は新築マンションであれば、物件価格の3~4%。中古マンション・新築・中古の一戸建てであれば物件価格の6~13%です。4000万円の新築マンションで120万~200万円。これに加えて、引越し費用や家具購入費用などが必要になります。

◎購入時の注意点

資金計画をたてて、無理なく生涯払っていけるかをシュミレーションしてみて予算を決めましょう。また、一つの物件で決めてしまうのではなく、複数見てより良い物件と巡り合えるようにしましょう。物件は実際に自分の目で確かめて、モデルルームやモデルハウスのインテリアにごまかされないように注意して下さい。
ここだと、決めた後は安易に仮契約をすることなく、申込金が妥当かどうかきちんと検討するようにしましょう。
周囲の利便性や見えない場所の収納場所や水回りなども確認するようにして下さい。

◎購入の流れ

1,マイホームのイメージを作る。
2,資金計画を練る。
3,物件選び・土地選び
4,住宅ローンの申請
5,登記申請の準備
6,建物のチェック
7,代金の決済、引き渡し