東京住建の口コミや住建についての情報も公開しています。

注文住宅のタイプ

注文住宅にはどのようなタイプのものがあるのでしょうか。
代表的な物を取り上げて、比べて自分にあった注文住宅のタイプを探してみましょう。

 単世帯住宅
一般的な注文住宅のタイプである、単世帯向けの住宅です。2階建や3階建の単世帯住宅が人気です。2世帯住宅と比較検討される人が多いですが、単世帯住宅と2世帯住宅のそれぞれのメリット・デメリットを考え、購入されることをおすすめします。

 2世帯住宅
一つの敷地に複数の世帯が暮らす2世帯住宅を選択するタイプの住宅で、夫婦で共働きをしている家庭などに人気があります。単独で持家購入が難しい子世帯の現状や、高齢となってからの暮らしにも安心感を求める親世帯の現状を相互にうまく解決する合理的な住まいのあり方ともいえるかもしれません。「隣居スタイル」と「同居スタイル」があります。

 2階建住宅
単世帯住宅によく見られる2階建の住宅です。1階と2階で世帯をわけて住む2世帯住宅もあります。

 3階建住宅
単世帯住宅、2世帯住宅を含む、3階建の住宅です。3階部分を全て利用できる「正3階」の3階建住宅と、屋根裏の空間を利用した「小屋裏3階」の3階建住宅があります。

 4階建住宅
単世帯はもちろん、多世帯同居や賃貸併用、店舗併用など、階数も増えればその用途も多様になってきます。

 地下室付住宅
居住可能な「地下室」付の住宅と「大型地下収納」の住宅を含む、地下室付住宅です。地下の空間を防音室として利用するスタイルも人気があります。

 太陽光発電付住宅
自然エネルギーの太陽光から電気をつくり出す「太陽光発電システム」搭載の住宅です。余った電力は得ることができるだけでなく、補助金を受け取ることができるなど、災害時の非常用電源ともなるなどのメリットがあります。

上記の他にも、中庭付住宅や平屋、スキップフロア住宅なども人気があります。
一体何が自分の家に必要なのかちゃんと考えてみると注文住宅を作る際に問題も起きにくくなります。