東京住建の口コミや住建についての情報も公開しています。

注文住宅購入の流れ

注文住宅の購入に失敗しないために、実際に入居するまでの流れを確認しておきましょう。

1. 予算を決める
注文住宅を購入することにしたら、まず予算を決めましょう。資料請求や住宅展示場に足を運んで、予算に合わない住宅の情報を収集することに無駄な時間を費やさないためにも、最初に予算を把握しておくことは重要です。

2. 住みたい家のイメージを固める
予算を決めたら、家族でどんな家に住みたいのかを話し合いながら具体的なイメージをつくっておきましょう。今の住まいの不満な点や理想の暮らしなどのポイントを確認し、そのイメージに合うような家探しをしましょう。

3. 依頼先を決める
口コミサイトや情報誌などを参考にし、家づくりをどこに依頼するのかを決めます。興味を持った依頼先には資料を請求したりして、展示場に足を運んでみましょう。一生に一度の大きな買い物である家づくりを依頼する会社ですから、しっかり選びましょう。

4. 概算見積もりを依頼する
気に入った複数の建築会社に、「相見積もり」を依頼しましょう。候補は2〜3社に絞るのが理想です。それぞれの会社に条件や希望を揃えて依頼し、見積もりから比較しましょう。

5. 依頼先との請負契約を結ぶ
注文住宅をどこに依頼するのかが決まったら、本設計と本見積もりを作成してもらい、間取りプランの詳細を決めます。設計図書や仕様書などは細かくチェックしましょう。

6. 住宅ローンを申し込む
その後、建築確認申請と住宅ローンの申し込みを行います。依頼先が代行してくれるケースもありますが、決して安い買い物ではありませんので、返済プランをしっかりと立てた上で借りることが重要です。

7. 工事開始
工事の日程を決め、着工します。入居後のご近所づきあいのためにも、近隣へのあいさつ・工事日程などの説明などをしておきましょう。工事ではまず、地縄張りと地鎮祭を行うのが一般的です。着工後は、ちょくちょく現場に足を運んで進行状況を確認しましょう。また足を運んだ際には職人さんなどにお茶などの差し入れをしましょう。

8. 竣工検査
建物が完成したら、担当者や責任者と竣工検査を行い、不具合を見つけた場合は修理を依頼します。

9. 入居
検査が終了すれば、鍵の引き渡しを受け、検査済証と保証書を受け取り、いよいよ入居します。登記を行い、住宅ローンも実行します。